放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「まい ふぁーむ Dec①-2022」

2022/12/05

11月上旬の「まい ふぁーむ」。

 

 

サヤエンドウ、色々。

 

 

ニンジンも、色々。

 

 

青首宮重大根。
ゆっくりと育っています。

 

 

玉ネギ150株。
マルチは全て土壌の微生物によって、水と炭酸ガスに自然分解される生分解性ビオマルチです。

「黒丸大根 収穫-2022」

2022/12/02

黒丸大根の収穫が始まります。

初めての栽培でしたが、元気に育ってくれました。

 

 

ヨーロッパで16世紀頃から栽培されてきた在来種。

個性の強い食材で、料理の楽しみが広がります。

「まい ふぁーむ Nov②-2022」

2022/11/06

11月上旬の「まい ふぁーむ」その2。

 

 

秋ジャガの “タワラタワラマゼラン” 紫色の花が咲いています。

 

 

これからの季節に欠かせない水菜。

 

 

丸葉小松菜。

 

 

今年のリーフレタスは、マルチ栽培にしてみました。。
マルチは土中の微生物により、水と炭酸ガスに分解される生分解性マルチです。

 

 

独特の香りと苦みが絶妙なルッコラ。
サラダはもちろん、鍋でも大活躍。

「まい ふぁーむ Nov①-2022」

2022/11/03

11月上旬の「まい ふぁーむ」。

 

 

秋蒔きニンジンは機嫌よさそう。

外来固定種のフラッキー、ナンテス、イエローストーン。

 

 

青森のホワイト六片が芽を出してくれました。

 

 

黒丸大根。

 

 

冬の温か料理には、春菊。

 

 

我が家の定番、マスタードリーフ。
秋冬野菜は、まだまだいっぱい。

「落花生 収穫-2022」

2022/10/13

落花生の試し掘り。

 

 

まだ、若干早いかな?

今年は株数も多いので、ゆっくりと収穫始めていきます。

 

 

掘りたての落花生は、直ぐに塩茹。

 

 

トウモロコシと同様、採りたてを一刻も早く調理。

最も美味しいく食べる秘訣です。

「安納芋 収穫-2022」

2022/10/11

安納芋の収穫。

 

 

今年は割れも少なく、形のよい大きな芋がたくさん収穫できました。

 

 

一カ月ほど寝かせ、糖度が上がったら食べ頃です。

「秋ジャガ Oct-2022」

2022/10/10

9月中旬に植え付けた秋ジャガ、“タワラマゼラン”。

 

 

元気に芽を出してくれました。

「唐辛子 収穫-2022」

2022/10/05

唐辛子の収穫。

 

 

色褪せないよう、陰干しで時間をかけて真っ赤な“鷹の爪”に仕上げます。

「すだち 収穫-2022」

2022/10/01

「すだち」の収穫。

 

 

無肥料、自然栽培。
畑の「すだち」、今年も豊作です。

「まい ふぁーむ Sep-2022」

2022/09/29

9月下旬の「まい ふぁーむ」。

 

 

“ロジータ”は、プエルトリコの在来固定種。
煮崩れしにくい、薄紫色の 美しい大型ナス。
6月に定植して、収穫まで何と約3ヵ月かかりました。

 

 

人気のとろとろ “緑ナス”もまだまだ収穫が続いています。

 

 

ラッカセイは、収穫までもう少しかな。

 

 

秋蒔きニンジンも芽を出してくれました。

 

 

姫トウガンの収穫は間近。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら