放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「日本ミツバチの○○○」

2013/03/12 養蜂

「今日のミツバチ 」番外編。

「日本ミツバチの○○○」。
我が家では、どうやらミツバチたちも健康そのもののようです。

「今日のミツバチ 130303」

2013/03/03 養蜂

一雨ごとに春めいて。

我が家の「日本ミツバチ」、活動開始。

「今日のミツバチ 130116」

2013/01/16 養蜂

番兵以外、動きなし。

蜜源となる花も少なく、寒さ厳しきこの時期は、我が家の「日本ミツバチ」たちにとっても
辛い季節です。

巣箱もハッポウスチロールとダンボールで防寒対策を施し、冬仕様。

「継ぎ箱」

2012/12/18 養蜂

夏から秋へと立派な群れに成長してくれた我が家の「日本ミツバチ」。
巣箱の重さもいつしか20Kgを超え、それに伴いハチの巣の大きさも巣門(巣箱の入口)近く
まで広がる大きなものになりました。あと少しで巣箱の床底に着いてしまいそうな状況なの
で「継ぎ箱」をすることに。

我が家の巣箱は重箱式なので、ハチの巣が大きくなった時は、木枠を継ぎ足して空間を
広げることができます。先ずは、巣門のある最下段の枠を外します。

巣箱の上段部分を持ち上げると元気なハチたちの様子と大きくなった巣の状態が良く
分かります。

あらかじめ準備しておいた木枠を間にはめ込みビスで固定。これで「継ぎ箱」は完了です。

「継ぎ箱」により、3階から4階建てに増築された我が家の巣箱。
「日本ミツバチ」たちが、気分良く越冬してくれることを願います。

「今日のミツバチ 121112」

2012/11/12 養蜂

7月には数千匹のとても小さな群だった我が家の「日本ミツバチ」。
うれしいことにひと夏を越して、倍以上の群れに成長してくれました。

軽々と持ち上げることのできた巣箱も今ではずっしりと重く、驚くことに20Kg以上はありそうです。

霜月に入り、朝夕はかなり冷え込むようになったこのごろ。
近づいて来る冬に備え、今日も「日本ミツバチ」たちは忙しそうに飛び回ります。

「おすそ分け蜂蜜」

2012/10/06 養蜂

ハチ先生からいただいた「おすそ分け蜂蜜」。

まだ若い巣で熟成期間が短いとのことでしたが、それでもかなり濃厚な味わいです。
来年の秋には、我が家の巣箱からも採蜜できることを願って・・・。

「水汲み場」

2012/08/11 養蜂

立秋も過ぎ暦の上では秋ですが、まだまだ続く厳しい暑さ。
歩荷農場では、今年も暑熱対策として屋根の上に散水しています。

その影響で、直売所入口脇にある雨水マスには、日中絶え間なくひたひたと水が流れています。
よく見ると、そこには「日本ミツバチ」の姿が・・・。

「日本ミツバチ」は、朝から日暮れまで、入れ代わり立ち代わり水を運ぶためにやって来ます。
働き蜂たちは、猛暑時に巣箱の温度を下げるため、蜜を運ぶ時に一時的に貯蔵する蜜胃に
水を入れて運び、巣箱内で散布、羽であおって気化熱で冷却するといった驚きの暑さ対策を
行っていたのです。

我が家の「日本ミツバチ」たちにとっては、偶然できた恰好の「水汲み場」だったようです。

「5mm」

2012/07/27 養蜂

これ何だか解りますか?

「日本ミツバチ」の巣箱の入口(巣門)を調整するための木枠です。
通常、巣門の高さは6mmなのですが、これを取り付けると「5mm」になります。

6mmを「5mm」に狭めることで、女王蜂が巣門から出にくくなるので、少しでも群の拡散や崩壊を防ぐことができればという工夫です。夏の暑さによる「逃去」、女王蜂の異常や何らかの原因で
稀におこる夏分封(分蜂)などを心配して、ハチ先生がわざわざ手作りしてくださいました。
もし、この時期に女王蜂が2匹になって分封が起こってしまうと、古い女王蜂とともに約半分の
働き蜂が巣箱を離れてしまい、凶暴なスズメバチなどが襲ってきた時に戦うこともできなくなってしまいます。ちなみに巣門が「5mm」の場合、スズメバチも巣箱に侵入することができないので「日本ミツバチ」たちは、入り口近辺で迎え撃つことができるとのこと。
蜜や花粉を一生懸命運び続ける働き蜂たちには、出入りし辛くて申し訳ありませんが、しばらく
の間は我慢してもらわなければなりません。

「再出発」

2012/07/08 養蜂

「日本ミツバチ」の「逃去」事件から2週間、我が家へ巣箱をプレゼントしてくださった養蜂家
の方(今後は、ハチ先生と呼ぶことにします。) から、嬉しい連絡が入りました。

” 置き場所がいっぱいになり、仕方ないから畑に置いてあった巣箱の群が、どうやら上手く
居ついてくれたようなので時期を見はからって持っていくよ。” とのことで、今年はあきらめて
いた「日本ミツバチ」を何と再び譲っていただけることに。

新しくやって来た「日本ミツバチ」たちに気に入ってもらえるかどうかは全く分かりませんが、
風当たりが強くならないように気をつけ、森の木陰をイメージしながら環境を整えてみました。

以前より、随分小さな数千匹の群ですが、「日本ミツバチ」たちとの暮らし「再出発」。

「逃去」

2012/06/11 養蜂

我が家の「日本ミツバチ」、どうやら早くも「逃去」した模様。
居心地が気に入らないとすぐに逃げるとは聞いていましたが、こんなに早くいなくなってしまう
とは、ショックと言うよりも唖然とした感じです。

巣箱の中を覗いてみたら、作り始めた巣の址と逃げ損なった居残り蜂が・・・。
この蜂たちは、女王蜂がいない群れなので、世代交代ができずに消滅するしかないそうです。

急いで準備した巣箱置き場、風当たりが強かったのか、他に理由があるのか・・・??!?
「逃去」の真相は解りませんが、これを機に本格的に養蜂の勉強を始めることにします。
来年の「分封」シーズンまでには、「日本ミツバチ」たちに気に入ってもらえるような巣箱置き場
を作らねば。そのためには、まず「日本ミツバチ」たちの気持ちを理解できるようにならないと
いけませんね。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら