放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「亀の歩み」

2011/02/17 わた仕事

今年の「綿花」の収量は、最終的に3kgほどでした。(前年は、5kg。)

一方、我が家の「わた仕事」といえば、今ものんびり「綿繰り」作業が続いています。
それでも「綿花」から種を取り除いた「真綿」が、いつの間にかダンボール箱いっぱいに。

たとえ「亀の歩み」でも、いつか必ず「機織り」まで ・・・。

「棉畑 2」

2010/10/08 わた仕事

相変わらずのスローぺースで、なかなか前へ進まない「わた仕事」。

それでも我が家の「棉畑」では、今年の「綿花」の収穫が順調に始まっています。

「棉畑 1」

2010/08/12 わた仕事

台風が過ぎ去り、雲の合い間から日が差し込んできた「棉畑」。

黄色い「棉の花」が、あちこちで咲き始めています。

「棉の苗」

2010/05/27 わた仕事

「綿繰り」作業は、まだ半分ほどしか終わっていませんが、そろそろ今年の棉の作付準備をしなければなりません。

5月の中旬に種を蒔いた「棉の苗」。「綿繰り」作業で取り除いた前年収穫の種から芽を出しました。

「糸紡ぎ 2」

2010/04/10 わた仕事

日頃の忙しさの中、思うようにはかどらない「わた仕事」。
いくら気長な作業でも少しづつは進めないと・・・。というわけで、充分に乾燥した綿花から種を取り除く「綿繰り」を行ないます。
この綿と種を分ける道具を「綿繰り機」と言います。

手前から綿花を入れてハンドルを回すとローラーの間から綿の繊維だけが反対側に出て行き、種が下にこぼれ落ちます。

江戸時代と何ら変わらない手法で行なう「糸紡ぎ」、ゆっくり、そして確実に、一歩一歩進めて行きたいと思います。

「コットンフラワー」

2009/09/09 わた仕事

棉の畝では、早くも「コットンフラワー(綿花)」が姿をあらわしました。

鶏とやぎの糞だけで育てた紛れもないオーガニックコットンです。

綿花の収穫は、これから数ヶ月間に亘ってゆっくりとしたペースで続いて行きます。

「棉(わた) の花」

2009/08/06 わた仕事

草にまみれた棉の畝です。
5月の中旬に定植した苗が、長雨の影響なのか例年より早く成長しています。

生い茂る草の中で、「棉の花」が咲いているのを見つけました。

さあ、草との戦い再開です。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら