放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「六条麦茶焙煎① Jul-2021」

2021/07/21 麦仕事

先日脱穀した六条大麦で、麦茶作りを行うためのテスト焙煎を行いました。

 

 

焙煎する麦の量と時間、火の強さなどで風味やコク、香り、色合いなどがどう変わるかを調べます。

 

 

記録したデータを基に、焙煎レシピを作って行きます。

 

 

一面に漂う甘みの強い香ばしさ。

 

 

何とかレシピが出来上がったので、次は本格的な手動焙煎機で5kgの六条麦茶を仕上げます。

 

 

もちろん、本物のストロー作りも進めていますよ。

 

「大麦脱穀 Jul-2021」

2021/07/12 麦仕事

6月中旬に刈り取った六条大麦。

 

 

このところ、お天気に恵まれませんでしたが、ようやく脱穀することができました。

 

 

全て手作業で、穂から実だけに分別します。

 

 

さらに、サヤのささくれや異物を丁寧に取り除き、ようやく焙煎できる状態に仕上がりました。

 

 

茎も状態のよい部分を切りそろえ、本物のストロー作りが楽しみです。

「大麦収穫 Jun-2021」

2021/06/12 麦仕事

梅雨の晴れ間に大麦畑の刈り取りを行いました。

もちろん手刈り、全てが手作業。

 

 

刈り取った六条大麦は、鶏舎の通路ではさ掛けします。

 

 

乾燥具合を見極めながら、初めての麦茶作りに挑戦です。

 

 

茎は本物のストローにできればと考えています。

ストローハット(麦わら帽子)までは無理かもしれませんが、昨今のプラスチック問題に対する小さな解決ベクトルにはなれるかもしれませんね。

「大麦畑 May-2021」

2021/05/26 麦仕事

5月初旬は、まだ青々としていた我が家の大麦畑。

 

 

気が付けば、そろそろ刈り取り時期を迎えています。

 

 

予定より随分早い梅雨の合間、菜種仕事との大変な並行作業になりそうです。

「大麦畑 Apr-2021」

2021/04/16 麦仕事

昨年11月初旬に播種した六条大麦。

 

 

立派に育ってくれました。

今年は初めての麦茶作りに挑戦です!

 

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら