放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「Bobcat S70」

2020/01/29 飼養管理

オーダーから約2ヵ月、ようやくやって来た頼れる強力な助っ人「Bobcat S70」。

 

 

鶏舎内など狭い場所での細かい作業に力を発揮する歩荷仕様のスキッドステアローダーです。

 

 

ボブという名の鉄の山猫。

これから始まる雛導入準備では、鶏糞出しやモミ搬入などで大いに活躍してくれることでしょう。

「メイの思い 200108」

2020/01/21 やぎ

メイがいなくなって約2週間、心に開いた大きな穴が当分閉じることはないでしょう。
昨年末から動けなくなり介護の日々が続いていましたが、年明け8日の朝、いつものように小屋に行ってみると体はまだ暖かくても息をしていないメイが横たわっていました。

 

 

13年と9ヵ月、一緒に暮らしてきた大事な家族。

 

 

2日前の力なき優しい笑顔、一生忘れることはないでしょう。
法律に従って家畜の保健所へ引き渡し、検査を受けた後に火葬された愛娘はとっても小さく真っ白な遺骨となって帰って来ました。
今でもそのままの小屋には、まだ昔と変わらない元気なメイが待っててくれるような気がしてなりません。

 

 

2020年1月8日早朝、メイの思いは如何なるものだったのでしょうか…。

私どもの無理な願いを叶え遺骨を戻していただいた愛知県西部家畜保健衛生所尾張支部担当者の方々およびメイのためにお花や好物だったリンゴなどをお供えくださったみな様、共に悲しみ涙を流してくださったみな様方には深くお礼申し上げます。

「信長と稲沢」

2020/01/19 マスメディア

稲沢市観光協会の発行する”信長×稲沢観光ガイドBook「信長と稲沢」”で、歩荷農場が掲載されました。



わざわざ行きたい ”稲沢のハマりもの” のコーナーで、いつもお世話になっているパティスリー・アンさんと共に紹介していただきました。

 

■ お問い合せは稲沢市または稲沢市観光協会へ
TEL/0587-32-1111 FAX/0587-23-1489
http://www.inazawa-kankou.jp/

「大寒卵 2020」

2020/01/17 直売

今年の大寒は1月20日。
古よりこの時期(小寒から節分まで)の「寒卵」は、福を招く縁起物とされてきました。特に大寒の日(1月20日)に産まれる「大寒卵」を食べると「その一年は幸せになる」と言い伝えられています。そこでその由来を調べてみたところ、昔は寒さで鶏の産卵数が減ったため、その分1個の卵に蓄える滋養分が多くなることから「寒卵」を食べると「健康に暮らせる」すなわち「幸せになる」と言われるようになったそうです。
さらに中国では、大寒の頃から鶏が卵を産み始めるようになるため「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」と呼び、この時期に産まれる寒卵を「生気に満ちあふれた縁起物」として珍重したということです。 
※とや・・・鶏が産卵するための部屋のこと。


 

今年も申し訳ございませんが、大寒卵の全国発送は行いません。
1月20日当日、直売所にては販売できるよう準備いたしますが、何ぶん鶏たち次第の歩荷農場。
その日になってみなければどうなるのかは分かりかねます…。
という訳で、現時点では店頭お渡しのご予約も承りかねますので当日午後にお電話にてお問い合せ下さいますようお願い申し上げます。
” 今年も皆さまが幸せでありますように!!”

「鶏出し Jan-2020」

2020/01/16 飼養管理

今年初めてのドナドナの朝が無事終わりました。



一年間卵を産んでくれた1,200羽の鶏たちとお別れです。

 


空棟になった歩荷農場3号棟、3月の春雛導入に向けて鶏舎整備の日々が始まります。

「ピッツァの日 Jan-2020」

2020/01/10 お知らせ

来週の月曜日1月13日は、今年初めての「ピッツァの日」。
いつもと違い第2月曜、しかも祝日です!

 

 

石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さん、歩荷農場へやって来ます。

 

 

定番「マルゲリータ」。

 

 

絶品「4種のチーズ」。

 

 

そして、歩荷農場限定。
その日の朝に産まれたばかりの放し飼い卵を使った「歩荷のとろとろカルボナーラ」。

 

 

国産小麦粉と天然酵母の自国家製生地を薪の力で焼き上げた本格ナポリピッツァ。究極のスローフードをファストフードでお届けします。

 

 

他にも旬の素材を使った特別メニュー、「本日のピッツァ」もお楽しみに。

 

 

元気いっぱいの産みたて卵や厳選素材を使って、その場で焼き上げる石窯ピッツァ。
とってものどかな農場にて、みな様のお越しを心よりお待ちしております。

歩荷農場駐車場にて午前11時から午後2時頃までの営業ですが、売り切れの場合はどうかご容赦くださいませ。

もちろんテイクアウトもOKです!(ピッツァ各種1枚800円~)

「人日の節句 2020」

2020/01/07 暮らし

今日1月7日は、五節句の一つ「人日(じんじつ)の節句」です。
” 芹なずな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草 ”。
邪気を祓うために、初春の滋養に満ちた若菜(春の七草)を「七草がゆ」にして食し、1年間の無病息災を願います。

 

 

自家製五年ものの梅干しとだし醤油に半日漬け込ん “歩荷の味たまご” を添えていただきました。
お正月の豪華なお料理も魅力ですが、我が家にとってはこれが何よりのご馳走です。

「いつくしむ、生活。」

2020/01/01 暮らし

本年もよろしくお願いいたします。
(元旦から1月5日までは、12:00~16:00までの営業です。)

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら