放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「春雛導入準備 ⑤-2022」

2022/03/15 飼養管理

鶏舎床の敷料「籾入れ作業」も無事終わった歩荷農場2号棟。

 

 

備品の復旧点検も順調に進み「春雛導入準備」完了しました。
今週の金曜3月18日、1,200羽の大雛がやって来ます。

「なたね油 ④ー(2021収穫)」

2022/03/13 農 [なたね]

ようやく完成した”歩荷のエクストラバージンなたね油”。

栽培から収穫、選別、圧搾まで全て手仕事、手間ひま惜しまぬ生絞り。

 

 

無農薬、無化学肥料、手刈り、天日干し、足踏み脱穀。

圧搾した「なたね油」は火入れを行わず、オリ分(不純物)を1ヵ月かけて自然沈殿。
鮮やかな黄金色のなたね油からは、優しい香りが漂います。

「春雛導入準備 ④-2022」

2022/03/06 飼養管理

春雛導入準備も後半に入った歩荷農場2号棟。

 

 

何とかお天気にも恵まれ「籾入れ作業」を行いました。

 

 

大量の籾殻も鶏たちの食べるお米を栽培していただいている、服部農園有限会社さんに運んでいただきました。

 

 

ボブキャットで籾殻を軽トラに移し乗せ、鶏舎内へ運び込みます。

 

 

鶏舎の床に敷料として敷き詰め含気層を作ります。

 

 

平飼い鶏舎の土壌管理において最も重要な作業です。

 

「春雛導入準備 ③-2022」

2022/03/03 飼養管理

鶏舎内の高圧洗浄も無事終了した歩荷農場2号棟。

 

 

洗浄、点検や部品交換を済ませた給水器や備品の取付け準備も順調です。

 

 

鶏舎内の床も乾き、週末には籾入れ作業を行う予定。

 

 

運動場(パドック)がぬかるまないよう雨が降らないことを祈ります。

「菜花の新芽 Mar-2022」

2022/03/01 農 [なたね]

景観美化と「なたね油」を搾油するために栽培している歩荷の「なたね畑」。
当初は、行政の「菜の花エコプロジェクト」で菜種が配布されていましたが、心無き人の愚行により、数年前から当地稲沢市での菜種配布は行われなくなりました。
その後は自前で菜種を購入、現在までその種をつないでいます。

 

 

今年も元気に育ってくれている搾油用菜種の「ナナシキブ」。
もちろん、新芽は春のご馳走。

 

 

ほろ苦い旬の恵みが摘み放題。

 

 

本来は、放射能浄化、反原発の意思表示として始めた緑化行動、ちっぽけな我が家の「なたね畑」。
初心は決して忘れませんが、今では身体と心のデトックスにも大切な存在です。

「せんそうしない (再掲150805)」

2022/02/27

ちきゅうに いきる
いきものの なかで
せんそうを
はじめるのは
にんげんだけ
それも おとなだけ

 

 

こどもと こどもは せんそうしない
けんかは するけど せんそうしない

 

 

ちょうちょと ちょうちょは せんそうしない
きんぎょと きんぎょも せんそうしない
くじらと くじらは せんそうしない
まつのき かしのき せんそうしない

「せんそうしない」 文/谷川 俊太郎 絵/江頭 路子

「なたね畑 Feb-2022」

2022/02/24 農 [なたね]

2月下旬の「なたね畑」。

 

 

葉が紫色になっているのは、アントシアニンを蓄えている証です。

「春雛導入準備 ②-2022」

2022/02/19 飼養管理

3月中旬の春雛導入に向け作業が進んでいる歩荷農場2号棟。

 

 

鶏舎内の高圧洗浄。

過酷な作業ですが、決して手を抜くわけにはいきません。

 

 

過去の経験から、高圧洗浄機のオーバーヒートを防ぐため2台体制で臨みます。

 

 

畜産の基本は清掃作業。
家畜を感染源とする新たな伝染病を発生させないためにも鶏舎の衛生管理はとても重要な作業です。

 

 

隅々まで洗い流して新築の美しさを取り戻した築19年の鶏たちの棲家。

春の大雛導入に向け、準備作業はまだまだ続きます。

 

「親鶏精肉について Feb-2022」

2022/02/16 直売

1月末日に歩荷の平飼い「親鶏精肉」各種入荷しておりますが、既に「1羽分鶏肉セット」、「腹抜き丸鶏」は完売いたしました。

 

 

「ミンチ300g」、「ささみ5本入」は在庫ございます。
(オンラインショップからもお買い求めいただけます。)

 

 

出汁用「丸鶏ミンチ500g」につきましては、残り少数となっておりますので直接お問い合せください。

 

 

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

「手作り豆味噌 5年熟成」

2022/02/13 麹仕事

2017年2月に仕込んだ我が家の手作り豆味噌。

 

 

長期5年熟成。

 

 

切立甕の蓋を開けてみたところ、熟成赤味噌の素朴な香りが立ち込め、カビの発生も一切ない上々の出来栄え。(分かりにくいですが、写真は和紙の落とし紙を外していない状態。)
さすがは
人間国宝岩野市兵衛の手漉き和紙ですね。

甕は、今はなき常滑焼の久松です。

 

 

有機大豆と自然栽培白米糀、輪島の天然海塩だけで仕込んだ昔ながらの手間仕事。(写真は和紙の落とし紙を外した状態。)

 

 

“まろやかなのに奥深い”長期熟成した赤味噌ならではの味わいです。

手作り味噌の作り方①と②はこちらからご覧になれます▼

https://boccalife.exblog.jp/14954429/
https://boccalife.exblog.jp/14965572/
重石を乗せる前のラップを上質な和紙に変え、盛り塩の層(1㎝ぐらい)で空気を遮断するとカビが発生しません。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら