放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「六条麦茶焙煎② Aug-2021」

2021/08/02 麦仕事

試行錯誤の末、ようやく出来上がった歩荷の「六条麦茶」。

 

 

無農薬自家栽培の六条大麦を自家焙煎。

雑味のない深い味わいと香ばしく甘い香り。

 

 

ストローは、本物の麦の茎。

全てが手仕事、手間ひまかけて仕上げました。

「まい ふぁーむ Aug-2021」

2021/08/01

8月初旬の有機栽培エリア「まい ふぁーむ」。

 

 

雨の降らない過酷な暑い日々。

 

 

猛暑に強いオクラの収穫が始まりました。

 

 

安納芋も何とか元気。

 

 

第二圃場の唐辛子も順調です。

 

 

カボチャの実成も始まりました。

「そば仕事 Jul-2021」

2021/07/27 そば仕事

歩荷農場の新しい取り組みとして、「そば仕事」始めます。

 

 

刈り取りを終えた「なたね畑」を耕しての土作り。

 

 

そば栽培には有機肥料も使いません。

 

 

300㎡の「そば畑」、播種の準備が整いました。

 

「わた仕事 Jul-2021」 

2021/07/26 わた仕事

7月下旬の棉畑。

 

 

「棉の花」が咲き始めました。

「TORIGYOUZA HONPO(とり餃子本舗) オリジナルTシャツ」

2021/07/22 直売

歩荷のニューブランド「TORIGYOUZA HONPO(とり餃子本舗)」オリジナルTシャツが完成しました。

 

 

デザインは、今回もお馴染みsun&moonさん。

ご希望の方には販売いたしますので詳細はお気軽にお問い合せください。
丁寧な手刷り仕上げですので、1枚からでもご注文承ります!
■ カラー全4色 
①ホワイト ②ブラック ③レッド(ロゴ/ホワイト) ④レッド(ロゴ/ゴールド)
■ サイズ 
①L  ②M  ③S (キッズオーダー承ります。)
■ 価格 (税込 / 送料別途)
各サイズ共2,500円 

 

 

元祖「尾張名物とり餃子」も大好評!

ニンニクは不使用、素材の持ち味を活かすため加熱していない冷凍生餃子です。

もちろん、化学調味料も一切使用しておりません。

 

 

「TORIGYOUZA HONPO」の新規サイトより、全国各地へお届けいたします。

“上品なのにコク旨で箸が止まらぬ”、平飼い親鶏の素朴な滋味をお楽しみ下さい。

 

 

歩荷「TORIGYOUZA HONPO」は、その地に根ざした食文化を創造し”尾張名物”となるべく尽力して参ります。

お取り寄せはこちらから▼

http://www.torigyouza.jp

 

「六条麦茶焙煎① Jul-2021」

2021/07/21 麦仕事

先日脱穀した六条大麦で、麦茶作りを行うためのテスト焙煎を行いました。

 

 

焙煎する麦の量と時間、火の強さなどで風味やコク、香り、色合いなどがどう変わるかを調べます。

 

 

記録したデータを基に、焙煎レシピを作って行きます。

 

 

一面に漂う甘みの強い香ばしさ。

 

 

何とかレシピが出来上がったので、次は本格的な手動焙煎機で5kgの六条麦茶を仕上げます。

 

 

もちろん、本物のストロー作りも進めていますよ。

 

「不耕起栽培 夏野菜収穫 Jul-2021」

2021/07/19

”地球にやさしい” 我が家の「不耕起栽培」。
夏野菜の収穫が、ゆっくりと続いています。

 

 

①耕しません。②農薬は使いません。④除草剤も使いません。⑤化成肥料は使いません。⑥元肥は施しません。⑦有機肥料も使いません。不耕起栽培であっても株の仕立てはしっかり行います(作物にストレスを与えないために)。⑨藁などの有機マルチを使用します。⑩コンパニオンプランツを活用します。

 

 

人にも環境にも負荷を与えない「不耕起栽培」には、歩荷の放し飼い自然養鶏と共通の理念が存在します。

「鶏糞出し Jul-2021」

2021/07/16 飼養管理

6月の「鶏出し」で空棟になった歩荷農場3号棟の秋雛導入準備。

 

 

梅雨も明け?「鶏糞出し」の作業が始まっています。

 

 

「鶏糞出し」の作業は、鶏たちの食べるお米(飼料米)を栽培していただいている、丹羽郡大口町の服部農園有限会社さんに毎度お任せしています。

 

 

①服部農園さんで作っていただいた元気なお米を食べて我が家の鶏たちが健康に育つ。
②元気なお米で育った健康な鶏たちは安全な卵を産む。
③健康な鶏たちの鶏糞を利用して良質な堆肥が作られる。
④安全な鶏糞堆肥が田んぼに還元されてまた元気なお米が収穫される。

 

 

環境負荷を軽減し、安全な農と食の再生を実現するために服部農園さんと連携して行っている「循環型農業」への取り組み。

 

 

「スイッチ! 210713」

2021/07/14 マスメディア

昨日、7月13日の東海テレビ「スイッチ!」

 

 

「石窯PIZZA屋台boccheno 」さん密着取材の中で、歩荷“ピッツァの日“ の様子が放映されました。

 

 

歩荷農場限定「歩荷のとろとろカルボナーラピッツア」が登場。

 

 

「ボッケーノ」 若尾さんのトークも熱く!

 

 

彼の生きざま、強い思いを感じることのできる素敵な番組に参加することができ、歩荷スタッフ一同とても嬉しく感じています。

歩荷農場の元気な鶏たちの様子も紹介していただきました。

 

 

番組内容はこちらからご覧になれます。(Locipo)

https://locipo.jp/creative/0e1aadfb-a91f-40d8-b33f-cb2fcf9aaea1?list=aa4e6978-527e-40b6-9aac-8905751a1aea

東海テレビ「スイッチ」は、毎週月から金曜の9時50分から放送です。
なお、次回の歩荷”ピッツアの日”は8月24日です!

「大麦脱穀 Jul-2021」

2021/07/12 麦仕事

6月中旬に刈り取った六条大麦。

 

 

このところ、お天気に恵まれませんでしたが、ようやく脱穀することができました。

 

 

全て手作業で、穂から実だけに分別します。

 

 

さらに、サヤのささくれや異物を丁寧に取り除き、ようやく焙煎できる状態に仕上がりました。

 

 

茎も状態のよい部分を切りそろえ、本物のストロー作りが楽しみです。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら