放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「大麦収穫 Jun-2021」

2021/06/12 麦仕事

梅雨の晴れ間に大麦畑の刈り取りを行いました。

もちろん手刈り、全てが手作業。

 

 

刈り取った六条大麦は、鶏舎の通路ではさ掛けします。

 

 

乾燥具合を見極めながら、初めての麦茶作りに挑戦です。

 

 

茎は本物のストローにできればと考えています。

ストローハット(麦わら帽子)までは無理かもしれませんが、昨今のプラスチック問題に対する小さな解決ベクトルにはなれるかもしれませんね。

「ブルーベリー園 Jun-2021」

2021/06/11

6月初旬の「ブルーベリー園」。

 

 

露地栽培9年目になる我が家のブルーベリー。

無農薬、無肥料、自然栽培。

今年もたくさんの実をつけてくれそうです。

「わた仕事 Jun-2021」 

2021/06/06 わた仕事

約10年ぶりに、我が家の「わた仕事」復活です。

 

 

今はこの地で、自分たちができることに全力で取り組みます。
本来あるべき日本人の農と暮らしとは何かを考え直す時期が訪れているのでしょうね。

派手なアクションではなく、商業ベースを重視しない地道な努力が一番大事だと思います。

 

 

何とか入手した貴重な和棉の種、200粒。

5月中旬に芽出しをし、苗作りは上手くいきました。

 

 

6月初旬に定植し、今のところは順調に育っています。
どこまでできるか分かりませんが、何とか紡ぎから染色までは頑張れたらと…。

「無洗卵の安全性とSE対策について」

2021/06/04 考[畜産]

先日、FBにて以前の投稿記事「放し飼いの意義」を再掲しましたが、食の安全確保には「放し飼い」の実践のみならず、安心できる原料のみを使用した「飼料の透明性」と鶏の飼養管理区域、産卵環境、出荷体制の徹底した「衛生管理」も重要な項目となります。
今回は、歩荷農場の卵が独自の衛生管理により「無洗卵」で出荷できることから、極めて安全性が高く、生食1ヵ月(10℃以下で保存の場合)の賞味期限を提示できる根拠を論理的に説明していきます。

 

 

平飼い、放し飼いの中でも鶏舎の中に産卵箱を置き、多くの鶏たちが同じ箱で産んでいる産溜め方式(産卵箱に鶏が入れずに土の上で産んでしまう場合も多い。)や屋外で野放しにすることで草叢や木の根元などに産んでしまう放牧養鶏(集卵時に卵を見落とす可能性があるため産卵日の特定があいまいとなる危険性もある。)、カゴの中に鶏を閉じ込め、同じ場所で動くことができずに餌を食べ糞をして卵を産む現代型ケージ方式の養鶏では、糞や土などの汚れが付着してしまうので無洗卵で出荷することはできません。
したがって、厚労省の規定に基づいた消毒洗卵を行わなければならないため、賞味期限は2週間ほどとなってしまいます。(上記生産方法で洗卵を行っていない趣味的な自己満足農家の方も実際には存在しますが、最も危険で論外と言わざるを得ませんのでイメージのみに騙されることなく気を付けて下さいね。)

 

 

さて、本題である無洗卵の安全性に関しての考察を進めて行きたいと思います。
卵は栄養的に大変優れているため細菌にとっては絶好の培地となります。
しかし、①産卵直後の卵内部はほとんど無菌状態である事、 ②クチクラ層(抗菌保護膜)、殻、卵白膜、卵黄膜により物理的に保護されている事、 ③卵白が高PH(アルカリ性)であり、リゾチームなどの抗菌物質を含むためグラム陽性菌が溶かされ繁殖できない事などから、細菌は容易に卵内部に侵入することはできません。
もし仮に侵入したとしても、グラム陰性菌以外は繁殖できないというのが一般的な考えです。
ではなぜ、卵内部に何らかの細菌が繁殖し、腐敗が起こるのか?
その回答として、無洗卵と洗卵を室温(9~10月)に保存して、その細菌数を測った結果、明らかに「洗卵した方が、腐敗卵の発生率も菌保有卵の発生率も高かった」という報告結果が存在します。
この結果は、洗卵時に細菌が水とともに卵内部に侵入する事によると考えられています。(「タマゴの知識」今井忠平 他 著  幸書房 より)

 

 

殻付き卵を商業的に洗っている所では、40~50℃の温水シャワーを浴びせながらブラッシングする事により、卵殻上の細菌を1/100~1/10000程度に落としています。
しかし、洗卵時にある程度の細菌の侵入が起こるため、長くは保存できず、一般的な洗卵の消費期限は10~14日になっているのが現状です。
洗卵についての法的規制は、世界各国で様々に異なっており、アメリカでは洗卵が義務化され、ヨーロッパでは禁止されている所が多いというのは、殻上の細菌除去を重視するか、内部への細菌侵入阻止を重視するかの違いによるものと考えられます。
さて、日本においては厚労省の指導要領で、「正常卵は洗卵しても洗卵しなくてもどちらでも良い」事になっており、洗卵する場合のみ種々の注意事項が決められています。
例えば信じられない事に、次亜塩素酸ナトリウムが発ガン性物質として認識されているにもかかわらず、「すすぎの水の次亜塩素酸ナトリウム濃度は150ppm以上を保つ」などというものも含まれています。

 

 

歩荷農場では、卵内部への細菌の侵入防止及び洗浄剤の浸込み残留防止を最重視し、洗卵しません。
そのために、鶏が土の上で産卵したり、産卵箱に多くの卵が産み溜められることで破損して汚れが付着しないような独自の産卵環境を整え維持しています。
その結果、無菌状態が持続でき、賞味期限生食1ヵ月を提示する事が可能となりました。
もちろん、法的にもなんら抵触することはありません。
さらに、SE(サルモネラ・エンテリティディス)汚染防止対策からの観点で、洗卵すべきかどうかを検討した場合でも、SEが卵内部へ侵入した場合、大変危険なグラム陰性菌(リゾチームで溶菌されない細菌)である事から、侵入可能性のある洗卵を行うよりも、侵入させないために洗卵をせず、クチクラ層を防御壁として残しておくという選択がより適切ではないかと考えられます。

 

 

厚労省の食品衛生法においては、SE中毒撲滅を目的として養鶏場から消費者までの各段階において個別指導が行なわれる事となり、養鶏場においては農水省への依頼という形で、①SEフリー雛の導入、②環境の清浄化、③SEフリー飼料の投与、④SEワクチンの接種、⑤破卵など食用不適卵の排除などが対策として指導要請されました。
当然ながらこの中に、洗卵に関しての規制は含まれていませんでした。

 

 

歩荷農場では「無洗卵」として安全に卵を出荷できるよう、SE対策として下記の事項を特に強化実践しています。
①前述したとおり、洗卵せず、クチクラ層を残す事により、SEの卵内部への侵入を防御し、無菌状態を持続させます。
②餌付けから厳重に管理されたSEフリー雛を導入しています。
③雛の時期に適切なSEワクチンを接種しています。
④SEフリー飼料(SE汚染源になり得る魚粉など動物性素材は極力使用しない)を完全自家配合して使用しています。
⑤定期的に鶏舎内のSE環境検査を行っています。

 

過去に100人以上の犠牲者を出した、イギリスにおけるSE汚染卵問題発生時に、平飼い鶏舎の卵からはひとつも汚染卵が出なかった事実から、「ストレスのない飼育環境ではSE汚染が起こりにくい」と認識された事も興味深い実例として付け加えておきます。

「なたね畑 Jun-2021」

2021/06/02 農 [なたね]

6月の「なたね畑」。

今年は、梅雨入りが早かったので心配していましたが、程よく立ち枯れした我が家の菜種。

 

 

一部分倒伏してしまったので、丁寧に刈り取り作業を行います。
全てを手仕事で仕上げる、ここでしか作れない「歩荷の手仕事なたね油」。

手間ひま惜しまず10年ぶりに再開します。

「データで解析!サンデージャーナル 210523」

2021/06/01 マスメディア

5月23日(日)15:00放送のテレビ愛知「データで解析!サンデージャーナル」で、”自然卵歩荷”が紹介されました。

 

 

「たまご博物館館長」高木伸一氏から、約40種類ほどある愛知の「ブランド卵」の中で、”たまごかけ”にするには「歩荷」が一番というコメントをいただきました。

 

 

テレビ愛知「データで解析!サンデージャーナル」は、毎週日曜午後3時からの放映です。
https://www.facebook.com/sundayjournal.tva/

 

「まい ふぁーむ収穫 May-2021」

2021/05/29

歩荷農場の有機栽培エリア「まい ふぁーむ」。

梅雨の晴れ間、5月最後の収穫。

 

 

甘みが強く、そのまま食べれる赤玉の味わいは格別。

 

 

早生玉ねぎの旨味も自家栽培ならではのもの。

たとえ有機栽培でも、過肥料では大地の滋味には出会えません。

 

 

小蕪ものびのびと育ってくれました。

鶏も野菜もストレスを与えないことが一番大事。

この時世、愚かな国家が理不尽な悪政により国民に多大なストレスを与えることは、もうそろそろ終わりにしていただきたいものですね…。

 

「大麦畑 May-2021」

2021/05/26 麦仕事

5月初旬は、まだ青々としていた我が家の大麦畑。

 

 

気が付けば、そろそろ刈り取り時期を迎えています。

 

 

予定より随分早い梅雨の合間、菜種仕事との大変な並行作業になりそうです。

「まい ふぁーむ May-2021」

2021/05/24

5月の有機栽培エリア「まい ふぁーむ」。

 

 

“リーフガーデン”が元気いっぱい。

 

 

ルッコラの奥深い苦みは、自家栽培ならではの大地の味わい。

 

 

有機栽培は化学肥料や農薬を使わないので、人には優しい農法ですが、たとえ有機肥料であっても自然の土壌に本来存在しない過剰なアミノ酸などの成分を散布、混入することで土壌汚染や環境破壊につながっていきます。

歩荷農場では、フィターゼ酵素の作用で過剰なリンや亜鉛などを含まない優しい自家鶏糞を少量だけ使用して、環境負荷の極めて少ない無農薬有機栽培を行っています。

 

 

自然養鶏場の行う新しい循環型農業。
来年から収穫予定の”アスパラ畑”も順調です。

 

 

天候不順で遅れていますが、玉ネギも収穫時期を迎えています。

 

 

 

「くれよん 6月号 Vol.252」

2021/05/22 マスメディア

一宮・稲沢、地域みっちゃく生活情報誌「くれよん 6月号 Vol.252」で、歩荷農場が紹介されました。

 

 

巻頭特集「~農業を生きる~新規就農者をたずねて」のコーナーでの掲載です。
(18年前の新規就農者ですが…笑)

 

 

地域みっちゃく生活情報誌「くれよん」は、一宮、稲沢地域で約20万部が無料戸別配布されています。
ぜひ、この機会にご覧いただければ幸いに存じます。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら