放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「鶏糞出し Jul-2021」

2021/07/16 飼養管理

6月の「鶏出し」で空棟になった歩荷農場3号棟の秋雛導入準備。

 

 

梅雨も明け?「鶏糞出し」の作業が始まっています。

 

 

「鶏糞出し」の作業は、鶏たちの食べるお米(飼料米)を栽培していただいている、丹羽郡大口町の服部農園有限会社さんに毎度お任せしています。

 

 

①服部農園さんで作っていただいた元気なお米を食べて我が家の鶏たちが健康に育つ。
②元気なお米で育った健康な鶏たちは安全な卵を産む。
③健康な鶏たちの鶏糞を利用して良質な堆肥が作られる。
④安全な鶏糞堆肥が田んぼに還元されてまた元気なお米が収穫される。

 

 

環境負荷を軽減し、安全な農と食の再生を実現するために服部農園さんと連携して行っている「循環型農業」への取り組み。

 

 

「スイッチ! 210713」

2021/07/14 マスメディア

昨日、7月13日の東海テレビ「スイッチ!」

 

 

「石窯PIZZA屋台boccheno 」さん密着取材の中で、歩荷“ピッツァの日“ の様子が放映されました。

 

 

歩荷農場限定「歩荷のとろとろカルボナーラピッツア」が登場。

 

 

「ボッケーノ」 若尾さんのトークも熱く!

 

 

彼の生きざま、強い思いを感じることのできる素敵な番組に参加することができ、歩荷スタッフ一同とても嬉しく感じています。

歩荷農場の元気な鶏たちの様子も紹介していただきました。

 

 

番組内容はこちらからご覧になれます。(Locipo)

https://locipo.jp/creative/0e1aadfb-a91f-40d8-b33f-cb2fcf9aaea1?list=aa4e6978-527e-40b6-9aac-8905751a1aea

東海テレビ「スイッチ」は、毎週月から金曜の9時50分から放送です。
なお、次回の歩荷”ピッツアの日”は8月24日です!

「大麦脱穀 Jul-2021」

2021/07/12 麦仕事

6月中旬に刈り取った六条大麦。

 

 

このところ、お天気に恵まれませんでしたが、ようやく脱穀することができました。

 

 

全て手作業で、穂から実だけに分別します。

 

 

さらに、サヤのささくれや異物を丁寧に取り除き、ようやく焙煎できる状態に仕上がりました。

 

 

茎も状態のよい部分を切りそろえ、本物のストロー作りが楽しみです。

「まい ふぁーむ Jun-2021」

2021/06/27

6月下旬の有機栽培エリア「まい ふぁーむ」。

 

 

安納芋を定植。

 

 

カボチャも順調。

 

 

黒豆の実成りも楽しみです。

 

 

収穫時期を遅らせたトウモロコシ。

 

 

真夏に向けての丸オクラ。

 

 

今年のトマトはどうやら豊作。

「元祖“尾張名物 とり餃子” 新規入荷 210623」

2021/06/23 お知らせ

元祖「尾張名物とり餃子」大好評につき、長期品切れとなっておりましたが、ようやく新規入荷いたしました。
既にご予約済みのお客様方にはご連絡後、早急に発送準備進めて参りますので今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

 

なお、オンラインショップによるお届け日時のご指定は一週間先より承ります。
ご指定なき場合は確認でき次第、順次発送させていただきますのでよろしくお願い申し上げます。

 

 

濃厚な旨味の「歩荷平飼い親鶏」を国産野菜の優しい味わいで包み込んだ、今までにない「とり餃子」です。

クラタペッパー無農薬黒胡椒のフルーティーな香りが素材の風味を引き立てます。

 

 

監修は創業五十余年、一宮こだわりの名店「すし割烹楽山」

 

 

ニンニクは不使用、素材の持ち味を活かすため加熱していない冷凍生餃子です。

もちろん、化学調味料も一切使用しておりません。

 

 

歩荷のニューブランド「TORIGYOUZA HONPO」の新規サイトより、全国各地へお届けいたします。

 

 

“上品なのにコク旨で箸が止まらぬ”、平飼い親鶏の素朴な滋味をお楽しみ下さい。

 

 

歩荷「TORIGYOUZA HONPO」は、その地に根ざした食文化を創造し”尾張名物”となるべく尽力して参ります。

 

 

ようやく、田園風景にひと際映える元祖「尾張名物とり餃子」旗印も出来上がりました。

 

 

お取り寄せはこちらから▼

http://www.torigyouza.jp

 

 

「なたね油 ①ー2021」

2021/06/18 農 [なたね]

程よく立ち枯れた我が家の「なたね畑」。

 

 

ようやく刈り取り作業完了しました。

 

 

倒伏箇所があったので、菜種の収量はそれほど多くないと思いますが、あきらめずに頑張ります。

 

 

サヤの状態から、実入りはまずまずのはずですが…。

焦らず、ゆっくり、丁寧に手仕事「なたね油」仕上げていきます。

 

 

無農薬、無化学肥料、手間ひま惜しまぬ”歩荷のなたね油”。
今年は、今までの釜炒り圧搾とは異なる手法にも挑戦します。

 

 

刈り取りの終わった「なたね畑」。
次は、蕎麦の栽培を始めることにしました。

「梅仕事 ①-2021」

2021/06/17 梅仕事

10Kgの超完熟南高梅がフルーティーな香りと共に届きました。
完熟梅は、熟した梅の実が自然落下したものを収穫するため軸の部分にホシがありません。

 

 

ふんわりと柔らかな梅干に仕上がることを願い “完熟梅”にこだわり続けて12年。

 

 

梅を漬け込むための塩は、能登輪島産「わじまの海塩」の粗塩。

 

 

今年も”のんびりじっくり” 我が家の「梅仕事」が始まりました。

「春ジャガ収穫 Jun-2021」

2021/06/15

3月に植えたジャガイモの収穫。

 

 

“インカのめざめ”、“ノーザンルビー”、“インカルージュ”、“キタアカリ” 。

有機栽培では比較的難しい品種にこだわってみましたが、今年の出来もまずまずですね!

「不耕起栽培 ②-2021」

2021/06/14

昨年から再開した”地球にやさしい” 我が家の「不耕起栽培」。

5月中旬に定植した今年の夏野菜も順調に育っています。

 

 

不自然な肥料を与えない、大地の恵みのおすそ分け。

 

 

ゆっくり、じっくりですが立派に育っています。

 

 

耕やさず、有機肥料すら与えませんが、作物にストレスを与えないため株の仕立てはしっかり行います。

 

 

もちろん農薬は一切使用しません。

 

 

梅雨入り宣言が早かった割には雨の降らない日が続いていますが、不耕起栽培は耕さないことから土壌構造がしっかりとしているため、豪雨や干ばつの多大な被害は受けません。

 

 

一般的な有機栽培に比べ極端に環境負荷を低減した「地球にやさしい」循環型有機農業にも取り組んでいますが、やはり有機物であったとしても(化学物質でないだけであり)土壌汚染の一因になるという事実を全面的に否定することはできません。

 

 

人にも環境にも負荷を与えない究極の栽培方法は、人為的な意図など何もない自然の恵、不耕起栽培であると考えます。

 

 

そこには、我が家の放し飼い自然養鶏と共通の理念が存在します。

「親鶏精肉入荷 Jun-2021」

2021/06/13 直売

品切れで大変ご迷惑をおかけしておりましたが、純国産鶏「もみじ」の精肉各種ようやく入荷いたしました。
一年間卵を産んでいた”平飼い飼い親鶏”の希少なひね肉です。

 

 

精肉処理後、 真空で瞬間冷凍していますので、大変鮮度の良い状態を維持できます。

 

 

● 一羽分鶏肉セット (1,296円)
● ひき肉 (540円/300g)
● 霜降り用ささみ5本入 (648円)
● 腹抜き丸鶏 (1,080円)

● 出汁用丸鶏ミンチ(432円/500g)
各税込(8%)送料別途です。
全国発送も承りますので、お気軽にお問い合せください。

 

 

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら