放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「紅生姜」

2017/12/15 梅仕事

梅仕事番外編「紅生姜」。
佐賀県唐津の友人が送ってくれた ”七山七福しょうが” で「紅生姜」を作りました。
生姜の皮をむいて塩漬けにし、一日ほど天日干しにします。
梅酢に漬けて約一週間。
再び一日ほど天日干しにします。
新しい梅酢に漬け込んで鮮やかな色になったら完成です。
冷蔵保存で一年ぐらいは美味しく食べれますよ!

「メイの思い 171211」

2017/12/11 やぎ

2017年12月11日 PM1:00 曇天 気温10℃ 

「歩荷感謝祭開催に伴う営業時間の変更 171203」

2017/12/01 お知らせ

12月3日(日)は「歩荷感謝祭」開催に伴い当農場の営業時間も変更させていただきます。
通常直売所の営業時間は11:00~17:00ですが、感謝祭と同様10:00~14:00とさせていただきますので、大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
日時 12月3日(日) 10時~14時
場所 歩荷駐車場 
   愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3
出展者
   EAT BEAT ichinomiya
   ほしのこ食堂
   TSUBOYA
   すし割烹 楽山 (委託販売)
   石窯PIZZA屋台 boccheno
   ピタパン太郎
   歩荷
協力
   株式会社エコ建築考房

「卵のお届け状況およびお歳暮等のご予約について 171122」

2017/11/22 お知らせ

誠に申し訳ございませんが、ただ今ご注文が殺到しており、お届けに一ヵ月ほどのお時間をいただいております。
また、年末のお取り置きやご贈答用箱のご予約につきましても対応いたしかねますことお許しくださいませ。
なお、お歳暮の発送は12月1日分より順次発送させていただきますので、日時のご指定はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
我が家の鶏たちは元気に卵を産んでくれているのですが、何分小さな農場ゆえ、ご注文に産卵が追いつかない状況であること、何卒ご理解いただきたく存じます。

●詳細はこちらから https://www.facebook.com/bocca.farm?fref=ts

「無農薬米(ヒノヒカリ) 2017」

2017/11/20

我が家の鶏たちの飼料米を作っていただいている丹羽郡大口町の服部農園さんから収穫したばかりの完全「無農薬米」が届きました!
品種は ”ヒノヒカリ” 余韻の残る甘い風味と香りが特徴です。
”次の世代へ美しい稲穂のたなびく風景を残していきたい” という強い思いで環境に優しい農業を実践されている服部農園さん。
来年はいよいよ、当歩荷農場の鶏糞たい肥のみを使ったスペシャルコラボ米に挑戦です!
服部農園(有)と歩荷農場は、究極の循環型農業の実現に向け今後も全力で頑張り続けます…。
http://www.hattorinouen.com/

「ピッツァの日 Nov-2017」

2017/11/18 お知らせ

来週の火曜日11月21日は、今月の「ピッツァの日」。
石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さん、歩荷農場へやって来ます。
今月は第3火曜日の開催です!国産小麦粉と天然酵母の自家製生地を薪の力で焼き上げた本格ナポリピッツァ。究極のスローフードをファストフードでお届けします。
定番「マルゲリータ」。
絶品「4種のチーズ」。
そして、歩荷農場限定。
その日の朝に産まれたばかりの放し飼い卵と親鶏ミンチを使った「歩荷のとろとろカルボナーラ」。
他にも旬の素材を使った特別メニュー、「本日のピッツァ」もお楽しみに。
元気いっぱいの産みたて卵や厳選素材を使って、その場で焼き上げる石窯ピッツァ。
とってものどかな農場にて、みな様のお越しを心よりお待ちしております。

歩荷農場駐車場にて午前11時から午後2時半頃までの営業ですが、売り切れの場合はどうかご容赦くださいませ。
もちろんテイクアウトもOKです!(ピッツァ各種1枚800円~)

「卵黄色と食味」

2017/11/16 卵の知識

以前、卵の「卵黄色と安全性」は全く関係ないという記事を掲載しましたが、それと同様に「卵黄色と食味」も全く関係ありません。
「卵黄色と安全性 ①」
「卵黄色と安全性 ②」
上記で説明したように卵黄色は飼料に含まれる原材料が有する色素により変化しますので、色の種類や色相および彩度等によって食味に影響を与えることはありません。
卵の食味は卵黄に移行しやすい油脂系の原材料や魚粉等の強烈な風味により影響を与えられることはありますが、飼料添加物による意図的な食味調整を行わない限りにおいては主原料となる原材料、例えばトウモロコシ、米やヌカ、大豆、さらには野菜や草等の緑餌などにより有意な差異が認められるとは考えられません。
したがって、卵黄色が濃く赤色系が強いからといって味わいが濃厚で旨みが強いわけでもなく、逆に卵黄色が薄くて白っぽいもしくはレモンイエロー系(色が薄い)だからといって風味が淡泊で旨みを感じないわけでもありません。
卵黄色が濃い卵は味も濃く食味に優れていると思うのは単に人の視覚的な錯覚に過ぎないのです。
そもそも人の味覚というものは舌の味蕾(みらい)にある味細胞が感じ取ったもので、3歳ぐらいの幼児期までにその基本的な味覚機能が形成されるといわれています。
ナチュラルな食生活で育った幼児は素材そのものの味をしっかりと見極め味わうことのできる人として成長し、化学調味料や添加物の多い食事や菓子等をたくさん食べて育ってしまうと食材そのものの本来持っている自然な味わいだけではどうしても物足らなく薄味に感じてしまうのは否定できない事実なのです。
当農場のお客様のご意見をお聞きした際に、自然卵「歩荷」がとても濃厚な味わいだと感じられる方とあっさりして雑味がないと感じられる方がほぼ半々であるという実に興味深い結論に達したことがこのテーマの何よりも明確な根拠であると考えます。

「梅仕事 ③-2017」

2017/11/06 梅仕事

秋の「土用干し」ようやく完了。
今年もふわふわの完熟梅干しに仕上がりました!
梅壺に戻し、このまま5年熟成させてからいただきます。
食べるのものんびり過ぎる我が家の「梅仕事」。

「歩荷感謝祭 2017」

2017/11/05 イベント

12月3日(日)歩荷農場にて「歩荷感謝祭」を開催します!
日頃より自然卵「歩荷」をご利用いただいている ”食のプロフェッショナル” の中でも特に移動販売やマルシェなどでご活躍されているみなさんと共に ”いつもありがとう” の感謝の意を込め卵や鶏肉でおもてなしします。
各地イベント等で行列の人気店が、歩荷の食材を使って通常のマルシェとは一味違ったこの日だけの特別な食の祭典を演出してくれます。
当地祖父江の銀杏黄葉が目に鮮やかなこの季節、ぜひお立ち寄りいただけたなら幸いに存じます。日時 12月3日(日) 10時~14時
場所 歩荷駐車場 
   愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3
出展者 (現在決定店舗のみ)
 歩荷
 EAT BEAT ichinomiya
 ほしのこ食堂
 TSUBOYA
 すし割烹 楽山 (委託販売)
 石窯PIZZA屋台 boccheno

「梅仕事 ②-2017」

2017/10/26 梅仕事

雨が多くて中々できなかった毎年恒例秋の「土用干し」。
週末はまた台風のようなので、今年は2回に分けて仕上げる予定です。
相変わらずのんびり運任せ、どうなることか我が家の「梅仕事」…。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら