放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「年末年始の営業について 201226」

2020/12/26 お知らせ

● 年末年始の営業についてのお知らせ
2020.12.31     10:00~16:00
2021.1.1~5    12:00~16:00

2021.1.6~   10:00~17:00 (通常営業)

 

 

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

12月31日は、農場直売所での販売事前ご予約には対応いたしかねますのでお許しくださいませ。
(当日の在庫確認につきましてはお気軽にお電話にてお問い合せください。)
なお、売切れの場合は誠に申し訳ありませんが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

「年内お届け分完売いたしました 201224(12/26更新)」

2020/12/24 お知らせ

年内お届け分完売いたしました。

深く御礼申し上げます。
今後のご注文は、新年1月2日からのお届けとなりますのでよろしくお願いいたします。

「お年賀」でのご贈答発送も承ります。

 

本日、12月24日受付分のお届けは12月30日となります。

 

 

年内のお届けは、まだ若干数のみお受けすることができますのでお気軽にお問い合せください。

 

 

なお、日時のご指定はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

 

 

本日までのご注文は、順次発送させていただいておりますので今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

●詳細はこちらから https://www.facebook.com/bocca.farm/

「なたね畑 Dec-2020」

2020/12/20 農 [なたね]

12月の「なたね畑」。

 

 

11月初旬に播種した菜種“ナナシキブ”。

手仕事だけで仕上げる「なたね油」作りに向けて、今のところは順調に育っています。

「養鶏とウイルス ④消石灰散布命令」

2020/12/19 飼養管理

コロナと同様に「鳥インフルエンザ」の猛威も止まるところを知らず、国内では既に26例目の感染が確認され、約330万羽の鶏が殺処分されています。
そんな中、愛知県においては家きんを所有する者(主には養鶏業者)に対して、消石灰散布による消毒命令が公示されました。

 

 

それに伴い、歩荷農場においても農場内の指定個所に指示通り消石灰の散布を行いましたが、その費用に関して愛知県からは全く補助がありませんでした。
他県では消石灰の散布命令に対し、全て県から現物支給されているとのことなので、いくら愛知県が資金難の状況と言えどもこの非常事態に全てを農家負担として押し付けるのはいかがなものでしょうか?

 

 

飲食店に対してのコロナ自粛要請には、たとえわずかな額であってもお金が支給されます。
その飲食店に食材を卸している一次産業には何の救済処置も施さず、風が吹けば飛び散り、雨が降れば流れてしまうような消石灰を多量に購入させ資金さえも支給しないというのは理不尽極まりないと考えます。
危機が迫ってきたからといって焦って対応するのではなく、常日頃から伝染病やウイルス対策を継続することの方が如何に効果的で重要かということを国や地方行政には再認識していただきたいと強く思う次第です。

加えて、家畜(牛 めん羊 山羊 豚 馬 鶏 あひる うずら 蜜蜂)を1頭(羽)でも飼養している方は畜産農家と同様に行政へ飼養衛生管理者の選任と報告が必要ですので、趣味的な里山暮らしや理想郷を夢見て獣畜と関わっている場合は、恐ろしい各種伝染病を発生させることのないよう適切かつ慎重な飼養衛生管理を実践していただきたいと切に願います。

「全棟フル生産 2020」

2020/12/16 お知らせ

歩荷農場、ただ今全棟フル生産!!

 


3,600羽の鶏たちは、みんな元気いっぱいです。

 

 

長らくお待ちいただいているみなさま、申し訳ございませんが今しばらくお待ちください。

23日以降でしたら、年内のお届け承りまります。

「養鶏とウイルス ③鳥インフルエンザ緊急対策」

2020/12/11 飼養管理

コロナの猛威は相変わらずのようですが、ついに我が国においても「鳥インフルエンザ」の本格的な感染拡大が数年ぶりに再発しました。

現在(12月11日)の段階で国内22例目の発生が確認され、全国で313万羽の鶏が殺処分されています。

 

 

歩荷農場においては、飼養衛生管理基準改正に伴う防疫対策の更なる改善を実施し、「鳥インフルエンザ」の拡大防止及びダブルパンデミックが懸念される「新型鳥インフルエンザ」の発生を阻止するため可能な限りの対策を行っています。

 

 

先月11月25日にはいち早く、西部家畜保健衛生所にによる「鳥インフルエンザ」の血液検査を実施。

 

 

場内の衛生管理対策状況の確認指導も行っていただきました。

 

 

幸い歩荷農場には「鳥インフルエンザ」陰性の結果報告が届きましたので、みなさんご安心下さい。

 

 

西日本、九州の養鶏場を中心に、北海道や北陸でも野鳥感染が確認報告されている現状において、養鶏、家禽農家のみならず小羽数を趣味的に飼養している危機感の薄弱な方々にも自己中心的な行動を自粛していただけるよう切にお願いしたい思いです。

「鳥インフルエンザ」の場合、発生農場は全殺処分となり、半径10Km以内の農場もしばらくの間は出荷停止となります。(3kmは立ち入り禁止)

 

 

コロナが感染拡大しても人が殺処分になることなどあり得ません。(だから、必然としてワクチンや治療薬が認可されるまでは感染拡大は広がって行くでしょうね。)

幸い?鶏の場合は皆殺しなので、今まで「新型鳥インフルエンザ」が発症することもなくパンデミックに拡大しなかったのも理に適っていると考えられます。

 

 

命の尊さに人も鶏も無いと思いますが、ダブルパンデミックの脅威だけは何としてでも防がなければなりません。

「まい ふぁーむ Nov-2020」

2020/12/04

環境負荷を低減、自然環境に優しい農を目指し、ここ数年、我が家の畑仕事としては不耕起栽培を行ってきました。

しかし、不耕起栽培を行うには土作りに何年もの月日を費やさなければならないことに加え、その地で受け継がれ採取された固定種(在来種)の種が必要となります。

 

 

ついに「種苗法」が強行改正され、自家採種が禁止されることで、我が国の未来へ古からの農を継続していくことが難しくなってきました。

 

 

そこで歩荷農場では、これからの世に残すべき持続可能な栽培法の一つとして、不耕起栽培とは別に環境負荷の極めて少ない有機栽培のエリア「まい ふぁーむ」を始めることにしました。

 

 

自然養鶏場の行う新しい循環型農業です!

 

 

若きスタッフたちに未来の我が国にあるべき農の姿を伝えるべく、自由に野菜栽培を行える畑を開放し、失敗を積み重ねながら自然の摂理を学んでいただきたいというのが我が思いです。(ワークショップのような商業的意図を持った取り組みではありませんので…。)

 

 

耕しはしますが、使うのはフィターゼ酵素により過剰なリンや亜鉛などを含まない環境にとても優しい歩荷の鶏糞を少量のみ。

 

 

自家採種が禁止され、今後もし地域の在来種ではないF1種子や改良種を購入することになったとしても、人と環境の保護を一番に考えた農業を実践して行きたいと考えています。(遺伝子組み換え作物は絶対に認めません。)

 

 

有機農業は人には優しいのですが、必ずしも大地に優しいとは限らないということも分かりやすくお伝えできればと思います。

 

 

人間本位ではなく、環境と人の暮らしの調和を大事に考え、この不穏な時勢を乗り越えて行きたいと切に願います。

 

 

何と16年ぶりに麦畑もありますよ!!

「歩荷感謝祭 2020」

2020/12/02 お知らせ

「 BOCCASAI 」2020.12.06(Sun) 10:00〜14:00 Open

 

 

当日の営業時間は、感謝祭開催に伴い10:00~14:00までとさせていただきますのでご了承くださいませ。

 

 

今年もやります!!

https://www.Facebook.com/boccasai

「卵のお届け状況およびお歳暮等のご予約について (12/12更新)」

2020/11/30 お知らせ

本日よりお歳暮の発送を開始いたしました。

 

 

誠に申し訳ございませんが、ただ今ご注文が殺到しており、お届に約1週間程のお時間をいただいております。

 

 

お歳暮のご予約は承りますが、順次お届けさせていただきますので日程のご指定はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

また、年末のお取り置きやお持ち帰り用ご贈答箱についてのご予約は対応いたしかねますので、随時ご来場の上お申し付けくださいませ。

 

 

我が家の鶏たちは元気に卵を産んでくれているのですが、何分小さな農場ゆえ、ご注文に産卵が追いつかない状況であること何卒ご理解いただきたく存じます。

本日12月12日受付分のお届けは12月19日となります。(12月12日更新)

●配送の詳細はこちらから https://www.facebook.com/bocca.farm/

 

「初産み Nov-2020」

2020/11/29

今年も秋の若鶏たちが元気よく「初産み」を始めました。

 

 

歩荷農場の鶏たちは、地面の上で卵を産みません。
皆、卵が産みたくなると自らネスト(巣箱) に入ります。

 

 

産まれた卵は通路側の網トレイに転がるので、放し飼い飼育であっても卵に泥や糞が付くこともなく、衛生的な産卵環境が保たれます。

 

 

体がしっかりと成長してから産卵を始めることができるように、初卵も抑制しているので産み出しの時期は遅いのですが、 初めからある程度大きくてしっかりとした卵を産んでくれるため、現在「初生みたまご」の農場販売は行っておりません。

 

 

まだまだ小さな卵 (写真左が通常のLサイズで右が初卵) ですが、元気な若鶏が初めて産んだ活力溢れる「初生みたまご」。

古より「福を招く」と伝えられてきた縁起ものです。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら