放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「安納芋の焼き芋 Dec-2021」

2021/12/22

10月に収穫した安納芋の焼き芋。

 

 

昨日は「ピッツアの日」でしたので、以前のようにボッケーノさんの石窯で焼いていただこうと思っていたのですが、急遽中止となってしまったので、自らもみ殻と炭火でゆっくりと3時間ほどかけ焼き上げました。

 

 

収穫から2ヵ月以上寝かせ、糖度が高くなった安納芋。

 

 

“とろっとろ”
やはり、究極の焼き芋ですね!

「なたね畑 Dec-2021」

2021/12/16 農 [なたね]

12月の「なたね畑」。

 

 

11月初旬に播種した菜種“ナナシキブ”は、何とか元気に育っていますが…。

 

 

日常業務が忙し過ぎて、今年収穫した菜種の油作りになかなか取りかかれません。

「自家製辣油」

2021/12/15

今年は唐辛子の出来が良いので「自家製辣油」も作りました。

 

 

先ずは、唐辛子の種を取り除き、ミルで細かくして一味を作ります。

 

 

生姜、ネギ、花山椒、唐辛子でなたね油に香りを移し。

 

 

香味油の出来上がり。

 

 

一味と香味油を合わせれば「自家製辣油」の完成です。

 

 

四川料理の本格レシピを参考にした香り高き激辛辣油になりました。

「まい ふぁーむ Dec-2021」

2021/12/13

12月の有機栽培エリア「まい ふぁーむ」。

 

 

マルチで育てるのは、ニンニクと玉ネギ。

 

 

ようやく芽を出したサヤエンドウ色々。

 

 

大根も元気です。

 

 

葉物はこれからの時期、鍋に欠かせません。

 

 

春菊と水菜。

 

 

冬のサラダガーデンはリーフレタスとルッコラ。

 

 

ルッコラは香りが良いので、しゃぶしゃぶや鍋物でも美味しくいただけます。

 

 

なんと野沢菜も作っちゃいました。

 

 

今度は野沢菜漬けに挑戦かな?

 

「秋ジャガ 収穫-2021」

2021/12/12

9月に植え付けたジャガイモを収穫。

 

 

やっぱり、植え付け時期が少し遅かったかな?
ちっちゃな”アンデスレット”たちですが、それもまた良し。

「歩荷そば粉のマドレーヌ」

2021/12/11 そば仕事

「歩荷そば粉のマドレーヌ」。

 

 

「そば粉のクレープ」に続き、「パティスリーアン」さんオリジナルの素朴な焼き菓子が出来上がりました。
クレープは非売品ですが、マドレーヌはお店でお買い求めいただけます(限定販売)。

 

 

無農薬、無肥料で育て、全てを手仕事で仕上げた歩荷の蕎麦粉が、一流職人の手により食のアートに変わります。
飾り気のない美しさ、シンプルなマドレーヌの香り高く奥深い味わいに感動。

「歩荷親鶏のスープ餃子」

2021/12/10 とり餃子

歩荷感謝祭でも好評だった、すし割烹楽山監修の尾張名物「とり餃子」

 

 

“焼き餃子”はもちろんですが、熱々”スープ餃子”が大人気。

 

 

歩荷祭当日は、歩荷親鶏の丸鶏と手羽先に香味野菜を加え一日煮込んだ特性スープを作りましたが、ご家庭でお召し上がりの場合は、市販の中華スープか和風だしで代用していただいても美味しくお召し上がりいただけます。

 

 

一人前200㏄のスープを手鍋などで沸騰させ、凍った状態の「とり餃子」を4個入れ4分煮込めば”プリプリもちもち熱々”の「スープ餃子」が出来上がり。

 

 

ニンニクは不使用、素材の持ち味を活かすため加熱していない冷凍生餃子です。

もちろん、化学調味料も一切使用しておりません。
年末年始のご贈答、お歳暮にも対応させていただきます。

お取り寄せご注文はこちらから▼

http://www.torigyouza.jp

 

 

“上品なのにコク旨で箸が止まらぬ”、平飼い親鶏の素朴な滋味をお楽しみ下さい。

歩荷のニューブランド「TORIGYOUZA HONPO」の新規サイトより、全国各地へお届けいたします。

「鷹のつめ 2021」

2021/12/07 直売

“まいふぁーむ”の唐辛子が豊作なので、おすそ分け販売始めます。

 

 

色鮮やかに仕上げるため、陰干しで丁寧に乾燥させた唐辛子。

 

 

無農薬、無化学肥料、自家製手作り「鷹のつめ(8g/300円)」。

 

 

世の中の安泰を願い、縁起もの「吊るし唐辛子(1本/500円)」も編み込みました。

「そば粉のクレープ」

2021/12/06 そば仕事

一宮のそば切り「桔香草」さんで催した「歩荷の蕎麦を味わう会」も無事終わり、ご好意で残った”そば粉”と”そばの実(蕎麦殻をむいた実)”をいただきました。

 

 

自家栽培した蕎麦が、美味しい食に生まれ変わるという感動。

 

 

当初は勢いだけで始めた「そば仕事」でしたが、自らの力以上のことにチャレンジした時にこそ心ある人々は力をお貸しくださるのだと実感。
農で生きるということは、己の暮らしの中で余力を持った楽しみとしてできるほど甘くはありません。

 

 

人の魅力、価値とは、決してあきらめず努力するという思いの強さであり、その可能性は無限であると信じます。
でも、決して自分中心のエゴ、自己満足、自己顕示欲であってはならないと自問自答を繰り返す毎日です。

 

 

そば粉を「パティスリーアン」さんにおすそ分けしたところ、おやつに「そば粉のクレープ」を作っていただけました。
中には、ジューシーな”ラ・フランスのコンポートとブランデーカスタードクリーム”。
またしても、一流の職人(パティシエ)さんの心意気に深謝。

 

「歩荷の蕎麦を味わう会 Nov-2021」

2021/12/01 そば仕事

収穫を終えた我が家の蕎麦を玄蕎麦に仕上げてくださった一宮のそば切り「桔香草」さんで、何とか”手打ちそば”を作っていただけないかとお願いし、特別に「歩荷の蕎麦を味わう会」を催すことができました。

一夜限りの十割そば。

 

 

無肥料無農薬で育てた歩荷の蕎麦が美食に変わる驚き。
究極の粗びきそば。

 

 

“そば”という食の奥深さと、その道を極めた職人だけができる技の凄さを実感。

 

 

思いもよらぬ豪華なお料理も数多くいただき、特別な晩餐となりました。

 

 

 

 

 

 

 

有り難き心意気に、深く感謝。

 

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら