放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「ピッツァの日 Mar-2019」

2019/04/11 お知らせ

来週の火曜日4月16日は、今月の「ピッツァの日」。
石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さん、歩荷農場へやって来ます。
国産小麦粉と天然酵母の自家製生地を薪の力で焼き上げた本格ナポリピッツァ。
究極のスローフードをファストフードでお届けします。
定番「マルゲリータ」。
絶品「4種のチーズ」。
そして、歩荷農場限定。
その日の朝に産まれたばかりの放し飼い卵を使った「歩荷のとろとろカルボナーラ」。
他にも旬の素材を使った特別メニュー、「本日のピッツァ」もお楽しみに。
元気いっぱいの産みたて卵や厳選素材を使って、その場で焼き上げる石窯ピッツァ。
とってものどかな農場にて、みな様のお越しを心よりお待ちしております。

歩荷農場駐車場にて午前11時から午後2時半頃までの営業ですが、売り切れの場合はどうかご容赦くださいませ。
もちろんテイクアウトもOKです!(ピッツァ各種1枚800円~)

「ハーブ」

2019/04/03 飼料

歩荷農場では数年前より数種の天然「ハーブ」を混合した粉末を飼料に微量添加して来ました。
主体となる「ハーブ」はタイムとヨモギギク。
もちろん、遺伝子組み換え作物ではありません。
その安全性や効果、効能に問題ないことから今後も使用していくことを判断しました。
タイムにはチモールという成分が含まれており、強い殺菌効果と抗ウイルス作用を備えているので天然の防腐剤や保存剤の役割を担うことのみならず、鶏たちの疲労回復や抑うつ状態の改善などに効果的だと考えられます。
また、ヨモギギクには食欲増進に加え回虫駆除などの効能があることから、歩荷農場には鶏に寄生するダニや回虫がほとんど存在しません。

これらの寄生虫は吸血するものも多いので鶏たちにとって貧血や多大なストレスをもたらす悪因となるため、現代養鶏においては駆虫剤や強い農薬を鶏舎内に散布することが一般的なのですが、ダニ類はネズミやゴキブリなどと同様に薬剤に対して耐性をもつ能力があるので実際は根絶できないというのが否定できない悲しい現状なのです。

「冗談?」

2019/03/24

この請求書「冗談?」みたいな本当の話です…。
今さら多くは語りませんが、これが衰退著しい畜産業界に付帯する機器メーカーの悲しき実態です。
同じ顧客でありながら、強者に媚びて弱者に強がる無礼な体質は今に始まったことではありませんが、そんなに目先の利益が大事なのか?
それとも、うとましい存在(現代養鶏を全否定する歩荷農場のこと)に対しての弾圧、いじめ、嫌がらせ?
(株)中嶋製作所が製造した平飼い用自動給餌機チェーンフィーダー(本体640,500円を当農場では3機導入)の交換部品単価は平成19年①案内板A 2,100円、②ドライブプーリー 12,700円です。
それが、平成31年には①8,950円(約4.2倍)、②21,000円(約1.6倍)、運賃変動なし。
確かに12年の月日は流れていますが、何の告知もなしで4倍の値上げは通常ではあり得ない事態だと思うのですが…。
単価が低いので実感が薄いかもしれませんが、これは21,000円が89,500円、210,000円が895,000円になるということです。

請求元の伊勢屋金網工業はただの代理店ですから1割程利益計上しているだけのことでこの異常値上げにはほとんど関与してはいないでしょうが、今後このような非常識な行為を平然と行う企業とのお取引きはこちらからお断りさせていただく所存です!!

「春の雛鶏 Mar-2019」

2019/03/16

先日3月13日、「春の雛鶏」たちが歩荷農場2号棟へやって来ました。
赤玉国内シェア6%のとても希少な純国産鶏。
1棟6部屋に、生後100日の大雛1000羽が入舎。
100日までの育雛期間は飼養管理方法や飼料などが全く異なるので、採卵農場「歩荷」としての役割を徹底するため、専門の育成農場へ依頼して育ててもらいます。
歩荷農場では様々な鶏種の卵を比較調査、あらゆる観点から卵質が有意に優れていると考えられる後藤孵卵場の「もみじ」のみを飼養しています。
彼女たちの初産みは、5月下旬の予定です。

「春雛導入準備  ⑤-2019」

2019/03/12 飼養管理

「春雛導入準備」が無事完了した歩荷農場2号棟。とても辛い作業、でも当たり前の繰り返しを何年続けて来たのだろうか?
福島の過酷で悲しい現状を目の当たりにして、この愚かな我が国で力なき自分たちが今何をすべきなのか?
生産性や合理性を重視していては絶対に不可能な大事なことってたくさんありますよね…。

明日の朝、1,000羽の雛たちが歩荷農場2号棟にやって来ます!!!

「春雛導入準備  ④-2019」

2019/03/10 飼養管理

雨の影響でスムーズに進まなかったモミ入れ作業も無事完了。
鶏舎の床に敷料のモミを敷き詰めて含気層を作ることにより、土壌菌の中でも特に好気性細菌が良い状態で活動できるような土壌環境に導きます。
給水器や巣箱の設置も何とか予定どおり進んでいます。

「春雛導入準備  ③-2019」

2019/03/03 飼養管理

鶏舎内の高圧洗浄もようやく終了!!
設備や備品の調整、組み立てが始まりました。
プーリーなど自動給餌機の交換部品も届きました。
洗浄した給水器の部品もチェックしながら組み込みます。
お天気が心配ですが、来週は各部屋の床にモミを敷き詰める作業が始まります。

「メイの思い 190301」

2019/03/01 やぎ

今日3月1日は、メイの「お誕生日」!!
メイが歩荷農場へやって来たのは13年前…。
生後3ヵ月の可愛すぎる子ヤギでした。
純系日本ザーネン種の良血統。
お誕生日おめでとう。
メイ、13歳の春。
2019年3月1日 AM11:00 曇り 気温12℃ 

「ピッツァの日 Feb-2019」

2019/02/25 お知らせ

お知らせが遅くなりました💦
明日の火曜日2月26日は、みなさんお待ちかね今月の「ピッツァの日」。
石窯PIZZA屋台「boccheno(ぼっけーの)」さん、歩荷農場へやって来ます。
国産小麦粉と天然酵母の自家製生地を薪の力で焼き上げた本格ナポリピッツァ。究極のスローフードをファストフードでお届けします。
定番「マルゲリータ」。
絶品「4種のチーズ」。
そして、歩荷農場限定。
その日の朝に産まれたばかりの放し飼い卵と親鶏ミンチを使った「歩荷のとろとろカルボナーラ」。
他にも旬の素材を使った特別メニュー、「本日のピッツァ」もお楽しみに。
元気いっぱいの産みたて卵や厳選素材を使って、その場で焼き上げる石窯ピッツァ。
とってものどかな農場にて、みな様のお越しを心よりお待ちしております。

歩荷農場駐車場にて午前11時から午後2時半頃までの営業ですが、売り切れの場合はどうかご容赦くださいませ。
もちろんテイクアウトもOKです!(ピッツァ各種1枚800円~)

「春雛導入準備  ②-2019」

2019/02/21 飼養管理

「春雛導入準備」に追われる歩荷農場2号棟。
鶏舎内の高圧洗浄も始まりました。
雛鶏入舎まで連日過酷な作業が続きます💦

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら