放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「秋雛導入準備 ①-2018」

2018/08/22 飼養管理

鶏糞出しから一ヵ月。
運動場修復工事も無事完了し、鶏舎床の土壌菌も元気を取り戻した歩荷農場3号棟。
9月の「秋雛導入」に向けて備品の洗浄点検作業も順調に進んでいます!!

「農場改修 運動場修復工事④」

2018/08/09 飼養管理

歩荷農場全棟の運動場修復工事がようやく完了しました。
久しぶりに外へ出ることができ鶏たちも嬉しそうです。15年ぶりに新築となった屋外の柵からは木材の清々しい香りが漂って心地良い環境が戻ってきました。
これで我が家の鶏たちも今年の酷暑を乗り切れることでしょう!!!

「農場改修 運動場修復工事③」

2018/07/24 飼養管理

解体撤去作業が完了した鶏舎運動場では新しい柵の造作工事が始まっています。
歩荷農場3号棟。
歩荷農場2号棟。歩荷農場1号棟。
連日続く酷暑の中、ゆっくりと着実に修復工事は進んでいます!!!

「農場改修 塗装工事完了」

2018/07/13 飼養管理

飼料タンクと建物屋根の塗装工事が完了しました。
飼料タンクはご覧のとおりポップなサックスに!!
今はサックスが水色だということを知らない若い人たちも多いようで少し世代ギャップを感じショックでした…。作業場の屋根は薄いグレー。
「GAINA」というセラミック塗装材の遮熱、断熱、保温、防音、消臭、結露防止、不燃、空気質改善効果を期待して実施した塗装工事ですが、本格的な夏を迎え連日38℃越えの酷暑の中、どこまで省エネ、環境問題の改善に効果を発揮するのか楽しみでなりません!!

「鶏糞出し Jul-2018」

2018/07/10 飼養管理

鶏舎運動場の修復工事が続いている歩荷農場3号棟で、鶏たちが食べる飼料米を作っていただいている丹羽郡大口町の服部農園有限会社さんによる「鶏糞出し」の作業が始まりました。
梅雨も明け真夏の過酷な条件の中、6部屋の鶏糞を運び出していただきます。
①服部農園さんで作っていただいた元気なお米を食べて我が家の鶏たちが健康に育つ。
②元気なお米で育った健康な鶏たちは安全な卵を産む。
③健康な鶏たちの鶏糞を利用して良質な堆肥が作られる。
④安全な鶏糞堆肥が田んぼに還元されてまた元気なお米が収穫される。
お米、鶏、卵、鶏糞堆肥、そして田んぼの土もみな健康で元気いっぱい!
環境負荷を軽減し、安全な農と食の再生を実現するために服部農園さんと連携して行っている「循環型農業」への取り組み。
今年から新たに歩荷の鶏糞堆肥だけを使用した無農薬コラボ米への挑戦が始まっています!!!

「農場改修 運動場修復工事②」

2018/06/29 飼養管理

歩荷農場2号棟と3号棟の運動場。
不安定なお天気にも関わらず解体工事もほとんど終わりました。
1号棟運動場は撤去作業も既に完了。
次は扉を取り付ける基礎柱の取り付け作業に取りかかります。

「農場改修 塗装工事①」

2018/06/16 飼養管理

運動場の修復工事と同時に新たな塗装工事も始まりました。飼料タンクと建物の屋根を「GAINA」というセラミック材で塗装します。
従来にない高い断熱効果が期待できるとのこと…。
省エネ、環境問題の改善策につながることを期待して実施することにしました。
遮熱、断熱、保温、防音、消臭、結露防止、不燃、空気質改善!!
遠赤外線放射、吸収のコントロールによって省エネ、住環境改善がどこまで可能か期待したいところです。

「農場改修 運動場修復工事①」

2018/06/14 飼養管理

築15年の歩荷農場。
防腐剤を使用していないため朽ち果てた鶏たちの運動場…。
ようやく全棟の全面修復工事が始まりました。

「鶏出し 2018-Jun」

2018/06/05 飼養管理

鶏たちがいなくなり、急に静かになった歩荷農場3号棟。
今年二度目の「鶏出し」作業が終わりました。
一年間卵を産んでくれた1,000羽の鶏たちとお別れです。
何度経験してもドナドナの朝は寂しいもんですね…。

「春雛導入準備 ⑤-2018」

2018/03/14 飼養管理

「春雛導入準備」無事完了!
産卵用ネスト(産卵箱)の準備も万全です。
16日の早朝1,000羽の雛たちが、ここ歩荷農場へやって来ます。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら