放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「emika」

2015/05/14 マスメディア

安井建設さんが発行している「emika」で、歩荷農場が紹介されました。

「emika」は ”笑顔の花がたくさん咲きますように!” という想いで、地域の情報やお店などを
掲載しているフリーペーパーです。江南市を中心に年3回配布されています。

「クロワッサン 5/10特大号(900)」

2015/04/25 マスメディア

「クロワッサン 5/10特大号(900)」で、自然卵「歩荷」が掲載されました。

今回は、東京南青山で卵の販売をしていただいているスマイルシーズマーケットさんから
のご依頼によるものです。

先日紹介させていただいたアンチエイジングフードのオーガスト・ハーゲスハイマーさんの
「最強でパーフェクト、卵料理にココナッツオイル。」のコーナーで紹介されました。

■ 発行:株式会社マガジンハウス
  全国書店、コンビニ、インターネット等で販売中。

「ママごはん Vol.15」

2015/04/14 マスメディア

「ママごはん Vol.15」2015年春号愛知県版で、歩荷農場が紹介されました。

「ママごはん」は ”食べること” をテーマにした、地域密着の情報誌。
とれたての元気、産地直送「あいち畑」のコナーで掲載されました。
食を通して子供たちの未来を考える育児情報誌「ママごはん 」は、JA、公共機関、幼稚園
などで無料配布されています。

「わがまち企業最前線 (中日新聞)」

2014/10/21 マスメディア

昨日、10月20日の中日新聞 「わがまち企業最前線」で、歩荷農場が掲載されました。

「尾張版」での掲載ですが、地産地消の推進を理念の一つとしながら、全国発送による
遠方のお客様の方が多い当農場にとっては、地元周辺である尾張地域への情報発信
という面において、より多くの近隣の方々に知っていただける良い機会になればと期待
しております。
ちなみに、中日新聞さんに「尾張版」で掲載していただくのは何と10年ぶり。初心を忘れ
ることなくこれからも精進していく所存にて、どうかよろしくお願いいたします。

「現代農業 2014年11月号」

2014/10/05 マスメディア

10月1日発行の「現代農業 11月号」で、歩荷農場の飼料米への取り組みが掲載されました。
「ジワジワ広がる、鶏にこそ飼料米」というコーナーで、飼料米を導入している養鶏場の一例
として紹介していただくことに。

今回は担当の方から執筆を依頼され、自ら原稿を書くことになってしまったのでかなりの変更
や削除を覚悟していたのですが(何しろ本音一筋で、少々過激な性分なので。)、タイトル以外
は意外に大きな変更もなく掲載していただけ、編集部のみな様には心より感謝しております。

本質的な鶏の健康や食の安全は、飼料米を導入しただけで決して守れるものではありません。
何万羽もの鶏をケージで飼養されている他の養鶏場の方々の記事と読み比べながら、人間
本位ではない本来あるべき姿の「鶏の健康と食の安全」、 そして私どもの生産に対する理念
の一端を少しでもご理解いただければ幸いに存じます。

■ 発行:一般社団法人 農産漁村文化協会
  全国書店、インターネット等で販売中。

「うかたま vol.36」

2014/09/05 マスメディア

本日9月5日発行の「うかたま vol.36」で、歩荷農場が紹介されました。

今回は、” おいしいものを育てる人” という連載コーナーで掲載していただきました。

タイトルは、「お米を食べて丈夫な卵を産む鶏たち」。

長年続けている飼料米への取り組みを中心に、健康な鶏を育てることの大切さをご理解い
ただける内容だと思いますので、ぜひご覧ください。

■ 発行:一般社団法人 農産漁村文化協会
  全国書店、インターネット等で販売中。

「momo vol.⑤」

2014/06/09 マスメディア

6月5日発行の 「momo(モモ) vol.⑤」 ”大人の子育てを豊かにする、普段使いのいいモノ
ガイド”
で、歩荷農場の卵が紹介されました。
今回のテーマは、「おいしい朝ごはん」。2カ所で掲載していただきました。

先ずは、たまご博物館館長推薦の地域別「おすすめたまご」として掲載していただきました。
館長の高木氏とは、今まで一度もお会いしたことはなく、全くご縁のない方なので、どうして
我が家の卵をご推薦していただけたか不思議な感じがしてなりませんが、 私どものような
とても小さな農場に目を向けていただけたことに心より感謝。

もう一つは、料理研究家の冨田ただすけ氏の朝食の定番品として、ご紹介いただきました。

■ 発行:マイルスタッフ
  愛知、静岡、神奈川、東京を中心とした全国書店、インターネット等で販売中。

「月刊 なごや」

2013/09/05 マスメディア

北白川書房さんからのお誘いを受け、名古屋市内および愛知県内の各業種における一流店、一流企業によって構成される「百選会」の方々が中心となり企画される月刊誌「月刊 なごや」
9月号(NO.372)
の巻頭企画において、他3名の女性農業者の方々と「農業に生きる女性たち」 というテーマでの座談会に参加させていただきました。

私以外で座談会に出席されたのは、豊田市で農業生産法人「みどりの里」を設立され、お米や
イチゴ等を栽培されている野中さん、株式会社「寺田農園」でトマトや野菜、トマトジュースなどの加工品までを手掛けていらっしゃる代表取締役の寺田さん、三重県で無農薬のお米や野菜を生産し、「らでいっしゅぼーや」などに出荷されている「百合農園」遠藤さんの3名。

今回のように強い志を持って、同じ農業の分野に携わっていらっしゃる女性の方々とお話させていただく機会は初めてでしたので、とても良い刺激を受けると同時に、今後の意欲、活力の源とさせていただくことができ、心より感謝しております。

「日本農業新聞 130724」

2013/07/26 マスメディア

7月24日「日本農業新聞」東海版で、歩荷農場の「農場HACCP」への取組みが掲載されました。

ほとんどお付き合いが無いにもかかわらず、熱心な姿勢で取材に臨んでいただいたJA愛知西
の担当小塚さんと「農場HACCP」に関して真剣にご指導いただいた上に、本掲載に対しても快
くコメントまでしていただいた愛知西部家畜保健衛生所の美濃口さんには、この場をお借りして
深くお礼申し上げます。

「農山漁村女性に係る基礎統計データ」

2013/05/12 マスメディア

「農林水産省大臣官房統計部管理課」という、少々緊張感のある霞が関のお役所から
取材を受け、歩荷農場が農林水産省のホームページで紹介されました。

「農山漁村女性に係る基礎統計データ(図説)」の「1. 日本の農業構造と女性」15ページ目で
活躍する女性の取組として掲載されました。
農林水産省のホームページの中で、この記事にたどり着くのは実に大変です・・・。

記事の詳細は、こちら(http://www.maff.go.jp/j/tokei/pdf/zusetu_01_1.pdf)からご覧になれます。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら