放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「まい ふぁーむ Jan-2021」

2021/01/17

1月の「まい ふぁーむ」。

 

 

環境負荷の極めて少ない有機栽培。

 

 

有機栽培は化学肥料や農薬を使わないので、人には優しい農法ですが、たとえ有機肥料であっても自然の土壌に本来存在しない過剰なアミノ酸などの成分を散布、混入することは土壌汚染や環境破壊につながっていきます。

歩荷農場では、フィターゼ酵素の作用で過剰なリンや亜鉛などを含まない優しい自家鶏糞を少量だけ使用して無農薬栽培を行っています。

 

 

伊吹おろし(北風)の冷たい季節ですが、マメ類が元気にゆっくりと育っています。

春には立派な実りをもたらしてくれることでしょう。

そして、その実は「種」となり、次の世代へと繋がっていかなければなりません。

 

 

「種」は誰のためにあるのか?

それは、小さな命を繋いで生きる植物(作物)たちのためにあるもので、決して経済至上主義の社会、グローバル企業のためにあるべきものではありません。

 

 

大地の滋味を感じさせる葉物野菜たちも力強く根付いてくれました。

「大寒卵 2021」

2021/01/13 お知らせ

今年の大寒は1月20日。
古よりこの時期(小寒から節分まで)の「寒卵」は、福を招く縁起物とされてきました。特に大寒の日(1月20日)に産まれる「大寒卵」を食べると「その一年は幸せになる」と言い伝えられています。そこでその由来を調べてみたところ、昔は寒さで鶏の産卵数が減ったため、その分1個の卵に蓄える滋養分が多くなることから「寒卵」を食べると「健康に暮らせる」すなわち「幸せになる」と言われるようになったそうです。
さらに中国では、大寒の頃から鶏が卵を産み始めるようになるため「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」と呼び、この時期に産まれる寒卵を「生気に満ちあふれた縁起物」として珍重したということです。 
※とや・・・鶏が産卵するための部屋のこと。

 

 

今年も申し訳ございませんが、大寒卵の全国発送は行いません。
1月20日当日、直売所にては若干数販売できるかと存じますが、何ぶん鶏たち次第の歩荷農場。
その日になってみなければどうなるのかは分かりかねます…。
という訳で、現時点では店頭お渡しのご予約も承りかねますので当日午後にお電話にてお問い合せ下さいますようお願い申し上げます。
” 今年も皆さまが幸せでありますように!!”

「鶏出し Jan-2020」

2021/01/11 飼養管理

今年初めてのドナドナの朝。


 

一年間卵を産んでくれた1,000羽の鶏たちとお別れです。


 

空棟になった歩荷農場1号棟、3月の春雛導入に向けて鶏舎整備の日々が始まります。

「人日の節句 2021」

2021/01/07 暮らし

今日1月7日は、五節句の一つ「人日(じんじつ)の節句」です。
” 芹なずな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草 ”。

 

 

邪気を祓うために、初春の滋養に満ちた若菜(春の七草)を「七草がゆ」にして食し、1年間の無病息災を願います。

疫病退散!自家製五年熟成 “申年の梅干し”だし醤油に半日漬け込んだ “歩荷の味たまご” を添えていただきます。

「惑わぬ、生活。」

2021/01/01 暮らし

 

本年もよろしくお願いいたします。
(元旦から1月5日までは、12:00~16:00までの営業です。)

「大晦日 2020」

2020/12/31 暮らし

2020年「大晦日」。

 

 

いつものように“年越しそば”。

 

 

今年も何とか無事一年を終えることができ、心より感謝。

 

 

あとしばらくで2021年…。
”どうぞ皆さま、よきお年をお迎えになりますように” 。

「年末年始の営業について 201226」

2020/12/26 お知らせ

● 年末年始の営業についてのお知らせ
2020.12.31     10:00~16:00
2021.1.1~5    12:00~16:00

2021.1.6~   10:00~17:00 (通常営業)

 

 

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

 

12月31日は、農場直売所での販売事前ご予約には対応いたしかねますのでお許しくださいませ。
(当日の在庫確認につきましてはお気軽にお電話にてお問い合せください。)
なお、売切れの場合は誠に申し訳ありませんが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

「年内お届け分完売いたしました 201224(12/26更新)」

2020/12/24 お知らせ

年内お届け分完売いたしました。

深く御礼申し上げます。
今後のご注文は、新年1月2日からのお届けとなりますのでよろしくお願いいたします。

「お年賀」でのご贈答発送も承ります。

 

本日、12月24日受付分のお届けは12月30日となります。

 

 

年内のお届けは、まだ若干数のみお受けすることができますのでお気軽にお問い合せください。

 

 

なお、日時のご指定はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

 

 

本日までのご注文は、順次発送させていただいておりますので今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

●詳細はこちらから https://www.facebook.com/bocca.farm/

「なたね畑 Dec-2020」

2020/12/20 農 [なたね]

12月の「なたね畑」。

 

 

11月初旬に播種した菜種“ナナシキブ”。

手仕事だけで仕上げる「なたね油」作りに向けて、今のところは順調に育っています。

「養鶏とウイルス ④消石灰散布命令」

2020/12/19 飼養管理

コロナと同様に「鳥インフルエンザ」の猛威も止まるところを知らず、国内では既に26例目の感染が確認され、約330万羽の鶏が殺処分されています。
そんな中、愛知県においては家きんを所有する者(主には養鶏業者)に対して、消石灰散布による消毒命令が公示されました。

 

 

それに伴い、歩荷農場においても農場内の指定個所に指示通り消石灰の散布を行いましたが、その費用に関して愛知県からは全く補助がありませんでした。
他県では消石灰の散布命令に対し、全て県から現物支給されているとのことなので、いくら愛知県が資金難の状況と言えどもこの非常事態に全てを農家負担として押し付けるのはいかがなものでしょうか?

 

 

飲食店に対してのコロナ自粛要請には、たとえわずかな額であってもお金が支給されます。
その飲食店に食材を卸している一次産業には何の救済処置も施さず、風が吹けば飛び散り、雨が降れば流れてしまうような消石灰を多量に購入させ資金さえも支給しないというのは理不尽極まりないと考えます。
危機が迫ってきたからといって焦って対応するのではなく、常日頃から伝染病やウイルス対策を継続することの方が如何に効果的で重要かということを国や地方行政には再認識していただきたいと強く思う次第です。

加えて、家畜(牛 めん羊 山羊 豚 馬 鶏 あひる うずら 蜜蜂)を1頭(羽)でも飼養している方は畜産農家と同様に行政へ飼養衛生管理者の選任と報告が必要ですので、趣味的な里山暮らしや理想郷を夢見て獣畜と関わっている場合は、恐ろしい各種伝染病を発生させることのないよう適切かつ慎重な飼養衛生管理を実践していただきたいと切に願います。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら