放し飼いの安全でおいしい卵、祖父江の平飼い自然卵「歩荷」。生産農家から産みたて自然卵を直送いたします。

養老山脈をかなたに望む祖父江の大地を元気に踏みしめ、光と風を感じて育った健康な鶏たちの自然卵です。

歩荷 祖父江の平飼い自然卵

電話番号0587-97-7677 (AM10:00~PM5:00 年中無休) ファックス番号0587-97-7677 (24時間受付中)

自然卵「歩荷」は、遺伝子組み換えを行なっていないポストハーベスト無農薬の原料を厳選した
安全な自家配合飼料のみを使用し、特殊成分の添加や薬剤の投与は一切行っていません。

「かけがいのない安心は、自由にのびのびと暮らしている鶏たちからのとても貴重な贈り物です。」
メニュー

■ 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」 ■

「里芋コロッケ」

2010/04/27

唐芋(とうのいも)という里芋の親芋と歩荷の「とりそぼろ」で簡単「里芋コロッケ」を作りました。

京料理の芋棒(海老芋と棒鱈を炊き合わせたもの)で使う海老芋は、この唐芋の小芋を土寄せし海老の形のように育てたものです。

食感は里芋にしてはホクホクとしたタイプですが、コロッケにするとさすがにジャガイモよりは随分クリーミーな感じになります。
親芋を使うと皮を剥く手間も省けとても楽。味付けも歩荷の「とりそぼろ」と塩少々を混ぜるだけの簡単レシピ。冷めても美味しい和風コロッケは、お弁当にも最適です。

● 材料 /唐芋の親芋3個 歩荷の「とりそぼろ」しょうゆ薄味1袋(300g) 塩少々 卵1個 小麦
       粉、パン粉、油各適量


作り方
①親芋は皮をむいて竹串がすっと通るようになるまで茹で、熱いうちにつぶしておきます。
②つぶした芋が冷めたところへ歩荷の「とりそぼろ」1袋を混ぜ合わせ、塩少々で味を調えます。
③②の混ぜ合わせたものをピンポン玉程度の大きさに丸め、小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつけます。
④180℃の油で衣がサクッときつね色に揚がれば出来上がり。

  • カテゴリー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

 「歩荷 (ぼっか) 」は、卵と鶏肉の登録商標です。 Bocca

〒495-0002 愛知県稲沢市祖父江町山崎上屋敷375-3 TEL/FAX 0587-97-7677

このホームページの内容および画像などの著作権はすべて歩荷に帰属します。無断転載、転用、引用は固く禁じます。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら